パチンコ攻略旅打ち日記

全国パチンコ攻略旅打ち日記  -天使のようなおっさん- 第四話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全国攻略旅打ち日記
~天使のようなおっさん~ 第四話 

「ちょっと待っててくださいね。今、水を持ってきますから…」

と、おばさん店員が、コンビニへ水を取りに向かうと
入れ替わるように、男がこちらへ歩み寄ってきた。


その瞬間

「ギュルギュルギュルゥゥウ!!■○$&%~=”#ブォォォォオオオオオオオオオ!!!!」

と、一気にアクセルを踏み込み走り去った。


私のとった作戦は「ただのバックレ」である。
おばさんの店員の優しさを踏みにじる「ただのバックレ」

ルームミラーに映った駐車場の光景は、今でも忘れない。
広い駐車場にポツンと立ち尽くす男。

小走りで水を取りに行ってくれたおばさん店員が、
走るポーズ姿のまま「は???(´゚д゚`)」と、
目を丸くして、口を空けたままこちらを見て固まっていたこと。

車が来ていたら、事故っていたに違いない。
「事故ってくれてかまわない、そちらの方が安くつく」

嘘ではなく本当にそう思っていた。

そのくらい、追い込まれていたチキンちゃん。
今思えば、勝手に自分を追い込んでいただけなのだが・・。


そもそもこの日は、何もやってないのだから平然としていれば良いものを。
コンビミまで私をつけてきたのは、数日前に出したのが原因だったに違いない。

おっさんが、「あの店うるさいよ」というのは間違いなかった。
そして、その原因が私だったことを確認した。

店からの「もう来るなよ」というただのサインだったと思う。

普通に話しをすれば、簡単に終わったはずなのに私のチキンハートのせいで…

しかし、なにも打たずにこの対応だから
もし「こんな張り紙気にしないよ」などと、
この日も稼動して鬼出ししていたら、その時はわからない。

没収で済めば、まだマシみたいなことになっていたかもしれない。


おっさんの「あの店うるさいよ」と、話しがあったから
店員の異様な動きを感じ無理せずにスルー出来たのかもしれない。


この頃は、本当に調子こいていたので私には良い薬だった。

数日前、おっさんの話しを信じて、夕方に8万円でやめたのは正解だった。
100箱没収されたという話しも本当なのだろう。


私は、このままこの地域を離れてしまったので
おっさんに会ってお礼を言うことは出来なかったが、本当に感謝している

今もパチンコを打っているのかなぁ…と、時々思い出す。
その地域へ出かける度に、おっさんを探してしまう私。


あの時のことを、全部話して「あなたのおかげで…」と、
お礼を言いながらお酒を交わしたいものです。


バクロは、本当にチキン中のチキン。
警戒態勢の中で、ネタを行うのもビビる。

だからなるべく早くネタを見つけて、警戒態勢のない中でやるというスタイルになった
そのためには、自分で見つけるしかないし、警戒されたらどんどん足を伸ばすしかない。


「虎穴に入らずんば、虎子を得ず」


捻り打ちの記事でも触れたが、
プロでなくてもやるからには”覚悟を決めてやろうよ”と、言いたい。
覚悟できないならやらないほうが良い。

事実、パチンコ屋が逆に攻略法を利用して、利益を上げる店だってある

にわかプロが遅くに攻略を知り、やってみたくてやってみる。
店は既に、それを知っていて餌を撒いているケースがある。

下手くそなうちは、何も言わない。
さんざんやらせて金を使わせた挙句、

「ウチその打ち方だめですから」と
コツを掴んだ頃には、鬼のような張り付きで何も出来ない。


丁度良いラインなんて、やる前からわかる人などいない。
やり過ぎてわかるものがある。

良い思いも悪い思いもして、自分なりの限度のラインを引くのだろう。
自分で挑戦する前から攻めるラインを、他人に委ねるのはどうかと私は思う。


私は、やるからには覚悟をしてやる

そして、やるからには全力でやる

そして、、、



全力で逃げる

旅打ち日記 ~天使のようなおっさんの話~ 完

バクロ改めチキン野郎の全国攻略旅日記は、まだまだ続く。

「記事が良かった」と思って頂けたら、下記のバナーをクリックで応援よろしくお願いします。
記事更新のモチベーションが上がります(゚Д゚)ノカクゾー



無料メルマガ登録は、こちら
全国パチンコ攻略旅打ち日記は、こちら
初心者必見!攻略思考の基本に関するおすすめ記事は、こちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す