パチンコ攻略旅打ち日記

全国パチンコ攻略旅打ち日記  -ガバガバ釘は、殺される- 第二話 「不自然な釘」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全国攻略旅打ち日記 
~ガバガバ釘は、殺される?~ 第二話 「不自然な釘」

いま、向かっている店舗がおそらく今日、最後の店

ここでダメなら再び数百キロの移動…


この先で、アテが見つからなければ

いったい俺は、何処へ行けば良いのか…

考えただけで、いやになる

祈るような思いで、最後の下見店。

この店は、比較的大きなチェーン店

他県の同系列店の対応がぬるかったので、技術介入込みを期待してこの店を選んだ。

閉店15分前にようやく到着した。


閉店間際の下見は目立つので、

普段なら場面作りをしてから目的の台の状況を確認するが、

この時ばかりはおかまいなし。


一直線でアラジンの島へと向かった。


設置は、8台

1台でもまともな釘があれば…



!!!!!!



固まる、バクロ。

あまりの衝撃に、理解できない。


「おっ良いじゃん」

なんて、レベルじゃない!


とんでもない釘が、目の前にある


「夢でも見ているのか?」


「嘘だろ?」


「一円?」


「何かのイベント?」


あたりを見回すがそんな様子はない。

8台中、2台だけがスルーの釘がガバガバに開いている


明らかに不自然に開けられた釘


しかも、中央通路から一番遠い2台がパッカリ開いている


過去数日のデータは、最高当たりでも10回程度

最近やられた形跡はないし、ほぼ稼働していないに近い。


「なんなんだ、この釘は?」


私には、理解が出来なかった。




シマに入ってから1分が経過しただろうか…

閉店間際のガラガラのホールで、打たずに立ち尽くすわけにいかず

立ち去ろうとすると…


!?

何かの視線を感じた…


振り向くが、誰もいない


若い男がこちらに背を向けて、歩いているだけ


「気のせいか…」


なんだか一瞬、もの凄い見られている感覚があった。

男の行方を目で追ったが、 彼は特にこちらを気にする素振りもなく他の島へと消えていった


不自然に開けられた釘…

ネタをやるには、都合の良い2台だけが…

そんなことがあるのだろうか…


いくら考えてもこの時の私に、打たない理由は見つからなかった。


今思えば、もっと疑うべきだった。

いや、疑ったのだがこの時の私は

あまりの疲労とアテの欲しさに、判断が鈍っていた。

ようやくありつけたと、ここに留まる理由が欲しかっただけなのかもしれない



明日、朝一からこの店に来ることを決め

近くに宿をとろうとするが、ビジネスホテルが見つからない。

一番近くでも20km近く離れている

来る途中に、ラブホテルがあったのを思いだし最初で最後のひとりラブホテルを体験した。



普段なら仲間と状況を共有するために連絡をするものの

この日は、風呂にも入らずそのままま眠ってしまった。



リリリリリリリーーーンと、けたたましい音が鳴った

フロントからの電話で目が覚めるバクロ


やっとの思いで見つけた台を、取られてしまうかもしれない。

慌てて店へ向かうバクロ。

なんでいつもなら目が覚めるアラームに気づかなかったんだ。

この時は、「よっぽど疲れていたんだな」と思ったが

今思えば神様がアラームを消してくれたのかもしれない

しかし、この時は知る由もなかった…

全国攻略旅打ち日記 
~ガバガバ釘は、殺される?~ 第二話 完
バクロの全国攻略旅打ち日記は、まだまだ続く

「記事が良かった」と思って頂けたら、下記のバナーをクリックで応援よろしくお願いします。
記事更新のモチベーションが上がります(゚Д゚)ノカクゾー



無料メルマガ登録は、こちら
全国パチンコ攻略旅打ち日記は、こちら
初心者必見!攻略思考の基本に関するおすすめ記事は、こちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す